消費者金融と総量規制の関係

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はありません。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも借りやすいと人気です。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融の現在の金利状況

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも借りやすいと人気です。