消費者金融の仕組みは

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

消費者金融の借り方

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。