お金を出資してもらうことができる金融機関

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はありません。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく

ほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。